c3 大宮

 

c3,大宮,大宮東口店,店舗,場所,行き方,脱毛,シースリー

 

どんな団体でも自由に「〜協会」を名乗ることが可能です。中には日本医学脱毛協会を真似してつけられた「〜協会」も多くあります。なので、信用できるかどうかを「〜協会」という名前だけで判断するのは危ないと言えます。

 

なぜか医師の団体でないにも関わらず、「〜脱毛医学会」と名乗っているところまであります。こんな紛らわしい名前は患者さんを混乱させてしまいますよね?しかもその団体はエステの団体のようなのです。エステの人間は医師ではないので、これは怪しいと言わざるを得ませんね。それらしい名前に惑わされないように十分気をつけるようにしてください。

 

 

医師の説明は難しそう

 

医師は数多くの患者さんと接してきているので、いろんな考えを持つ患者さんがいることは承知しています。患者さんは緊張感を持ってこれから初めての場所で脱毛しようとしているので、話を聞くだけでも精一杯という方も多いです。

 

質問もなかなかできずに、はい、と答えるのがやっとの状態です。しかし、その場でなかなか理解できなかったとしても、家に帰ってじっくり考えればいいんです。そして、落ち着いて医師の言葉を整理します。医師から貰った資料やパンフレットを再度読み返して、不明点は電話や次回の訪問の時に確認すると良いです。

 

脱毛を強要するような医師はいないですし、やるかやらないかは患者さん次第です。最もよくないのは疑問点を持ったまま脱毛を始めてしまうことです。疑問点をそのままにした状態で施術を受けていると不安ですし、それは精神的に負担に感じてしまいます。

 

また、脱毛は1回では終わらないので、医師との信頼関係が築けていないと、通うのがいやになってしまう可能性もあります。もし、あなたが緊張しやすいタイプなら、事前にその脱毛クリニックや医師について予備知識を身に付けた上でカウンセリングに行くのも良いでしょう。

 

まっさらな状態で初めて話を聞くのとは理解度が全然違ってきます。あとはあらかじめ質問をまとめておいて、カウンセリングで質問するのも良いでしょう。たまに脱毛方法を全て医師に任せるという方もいますが、できるだけ自分で決定できるだけの脱毛に関する知識を身に付けた上で脱毛に取り組んだ方がいいでしょうね。

 

ちなみに、C3のような脱毛サロンで脱毛する場合でも、その脱毛サロンで行われている脱毛方法がどんな原理で行われているのかをしっかり理解した上で契約することが大切だと言えるでしょう。

 

 

>>C3大宮東口店のご予約はこちら